市場は心理戦!心理合戦を制して投資で勝つ!
FX⇔日経225先物⇔コモディティ市場をトータルに分析して「勝つ」投資を目指します。
勝つための大前提

1.表よりも裏に注目→「大局観と短期市場心理」の把握が勝利の近道!
2.ルールと規律に従う→「必ず利食い・損切り」を定める
3.コストを極力抑える→「業者の選別」は勝利への第一歩!

現在の
ポジション

日経225先物 :------@-----→利食い@------ 損切り@-----
FX(USDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(EURUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(AUDUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(ZARJPY):ロング@13.60→利食い@17.50 損切り@10.10
FX(AUDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
ETF(金)   :ロング@2900→利食い@3300 損切り@2000


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
日経新聞の夕刊に米国によるドル買い介入の観測?が6面に掲載されています。

記事によると

「米国の景気悪化が鮮明になるなかでECBが利上げをすれば、金利差の拡大か
らドルが下落する可能性が高い。そうなれば、ドル建ての原油価格の割安感が
強まり、米景気の先行き不透明感から株価の底が見えなくなる恐れもある。」

としています。こうした「最悪シナリオ」が現実味を帯びる中、介入の可能性が米
市場で浮上しているということです。
記事は続けて以下のような内容となっています。

ECBの理事会と雇用統計の発表が重なる3日(木曜)に向けて米政府は為替介入に
踏み切るのではないかとの観測がある。

個人的には市場原理主義を標榜する米国の介入の可能性は低いと見ていました
が、風向きが変わり可能性が高くなっていると思います。

記事のとおり、底なしの株価、ユーロとの金利差拡大、原油の更なる上昇によって、
米国は「最悪シナリオ」に進む目前とみられます。


米政府にとって、金利も上げられない状況で残った選択肢は「介入」のみの状況です。

本日、ポールソン米財務長官とトリシェECB総裁の会談は物別れになる可能性も
高く、いよいよ実弾が飛ぶ次期とみます。

この場合、以下のポジションが特に有効です。

ショート EURUSD, GBPUSD、AUDUSD
ロング  USDJPY


スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
おすすめ取引業者
■ベスト5+α

圧倒的コストパフォーマンス!
MJ

スプ1と使いやすい取引画面!
パンタレイ

FX業者初の上場で安心感Up!
マネーパートナーズ

多彩な情報ツールが魅力!
外為どっとコム

伊藤忠グループの安心感!
FXプライム

■期待するFX業者
クリックFX
FXトレーディングシステムズ
フォーランドフォレックス
アクセスランキング
スポンサー

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上,記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また,記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。実際のお取引については、各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切責を負わないことをご承知頂きますようお願いします。
copyright トータル投資情報(心理を読んでFX・日経225で勝つ) all right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。