市場は心理戦!心理合戦を制して投資で勝つ!
FX⇔日経225先物⇔コモディティ市場をトータルに分析して「勝つ」投資を目指します。
勝つための大前提

1.表よりも裏に注目→「大局観と短期市場心理」の把握が勝利の近道!
2.ルールと規律に従う→「必ず利食い・損切り」を定める
3.コストを極力抑える→「業者の選別」は勝利への第一歩!

現在の
ポジション

日経225先物 :------@-----→利食い@------ 損切り@-----
FX(USDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(EURUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(AUDUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(ZARJPY):ロング@13.60→利食い@17.50 損切り@10.10
FX(AUDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
ETF(金)   :ロング@2900→利食い@3300 損切り@2000


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
オーストラリアドルが対ドルで0.94台まで下落、豪ドル円も101円後半まで下落
しています。

背景はドルの買い戻し貴重もありますが、オーストラリア自体の不安要素も
目立ってきたことにあります。
続きを読む
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
遅ればせながら、iPodを買いました。

結局はアマゾンで買いましたが、買うための情報を調べていると色々なことが
見えてきました。

最終的には、小売店とネットの(営業)力について
面白いことが見えたような気がします。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
久しぶりに「サンデープロジェクト」を見ました。

竹中平蔵氏と木村剛氏が「サブプライムと日本経済」について、発言していました
が、大変興味深いものでした。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
ニュージーランドの利下げにはびっくりでした。

厳しい景気状況となっていたので、わからなくもないですがインフレリスクを
抱えながらの利下げは、大きな代償を払うことになるかもしれません。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
最近、どうもおかしなFX業者が登場しました。

どこがおかしいかというとドル円のスプレッドが「0ゼロ」なのです。
0ゼロということは、仕入れ値以下で営業しているお店のようなもので、利益が
でないと思うのですが、、、

でも、よくみてみるとからくりが分かりました。

【ドル円スプレッド0のFX業者】
クリック証券
トレーダーズFX
セブンFX

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
原油価格の下落が続いています。

昨日のWTIは一時125.63まで下落しています。ピークからほぼ15%の下落とな
っており、再度147ドルを超える可能性は低いと見るのが妥当でしょう。

原油価格がいきなり、100ドルを割り込む可能性は低いですが、行き過ぎた原油
の調整が継続する展開を意識する必要がありそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
連休は、暑くてだらだらでした。

COCOS(レストラン)に行きハンバーグを注文したら何やら堅い、、、裏をみたら
真っ黒にこげていました。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日はNYダウの急上昇(+207ドル)、原油価格の下落(-5.31)によって
ドル円は107.11まで上昇しました。

ここ何日か記載したとおり、米国金融システムへの不安、株下落の不安、ドル安
の不安が行き過ぎ、これらの修正が行われたようです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日は、NYダウが276.74ドルの急反発となり11,239.28まで上昇しています。

きっかけは、原油価格の調整(下落)と金融機関の決算が予想以上に良かったこ
とのようですが、過度な不安感という市場心理が修正された結果とも考えられ
ます。


株の反発、ドルの反発が短期的かもしれませんが、巻き起こる可能性が高いと思
われます。


ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
米国株の下落に連れられ、日経225先物も12,680まで下落しています。
13,500のショートは12,710で利食いができました。

今後の株の戦略はショートに警戒感が必要と考えます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
国内の金価格は25年ぶりの高値(1グラム3499円)となり、株安、ドル安の状況
でもインフレを背景に上昇しています。

株の下落リスク、債券の下落リスク(金利上昇)、そしてドル安リスクと資産運用
が難しい局面です。

こういう時にポートフォリオのありがたみが実感できます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
米国の金融機関の問題が大きくクローズアップされています。

引続きドル売り、株売りの圧力が強まりそうな状況です。
ただ、個人的には昨日も述べましたが、こうした混乱は

「終わりの始まり」

のような気がします。
ドルショート、株ショートも突っ込みには警戒感が必要と思われます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
先週末は、久しぶりに大荒れの展開となりました。

東京時間から出ていたニュースですが、米政府系住宅金融機関である
ファニーメイ、フレディマックの経営懸念に市場は強く反応したようです。

NYダウは一時200ドルを超える下落、ドル円は105.66まで下落しました。

ただし、追随的な株売り、ドル売りには冷静さが必要です。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
今日も日経平均は現物が13,000割れを死守し、13039.69で引けています。
先物は13,090と日中の安値12,920から回復しています。

ここまで13,000台が堅いと割り込んだ時の加速度がつくような気がします。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
米国で金融機関についての話題が盛り上がってきました。

NYの新聞がファニーメイ、フレディマックについての記事を載せ、ポールソン財務長
官は議会証言で「金融機関の破綻は容認されるべき」と語っています。

表面的な信用秩序の回復は当然ですが、その背後に米国政府の本音があるよう
なきがします。

米国政府はひとつの山を超えて次のターゲットに焦点をあてている気がします。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日サミットが閉幕しました。

今朝の新聞は当然ながらサミットについての記事が多くありましたが、
記事を読みながら先進国主導体制の限界、日本の地盤沈下を感じました。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
最近、7歳の長女が水泳教室に行きたくないといいだしました。

理由は「飛び込みがいや(~_~)」ということです。

これを聞いて自分の小さい頃にもまったく同じ経験をしたことを思い出し、
このことについて考えてみました。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日は、米国株の買い戻しドルの買い戻しが強くなる展開となりました。

NYダウは152.55ドル上昇の11,384.21。ドル円は107.50付近まで上昇しています。
背景はバーナンキ発言です。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日のコメント「人間この信じやすきもの」で回帰現象について出てきました。

この回帰現象は市場の値動きを理解する上で、重要なのでおさらいしておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日はサミットによるドル高期待、原油価格の下落というドル買い材料がNY株の
下落によって吹っ飛んでしまいました。

米国の金融不安は根強いようで、一時は100ドルを超えたNYダウは「住宅抵当金
庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が追加資本増強を余儀な
くされる」というレポートにより一気にマイナス圏へと沈みました。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
認知心理学関連の本として、「人間この信じやすきもの」という本を読みました。
サブタイトルとなっている「迷信・誤信はどうして生まれるか」にもあるとおり、人は
迷信や超能力、心理現象等を否定しつつも、本心はかなり信じている部分もあり
ますよね。

この本は、そうした誤認が生じるメカニズムと誤認に左右されないための処方箋が
述べられています。

この本のエッセンスは次の記述に凝縮されているような気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
上海総合080707オリンピック後には経済が失速し、株価が下落すると
いう 事例が過去に何度もありますが、中国の株価は
既にこのことを織り込んでいるようです。
昨年10月の高値6124をピークとして現在2660付近
まで60%近く下落しています。
今後、順調に回復と行けばいいのですが、より下落
する可能性も高いとみています。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
今週水曜まで洞爺湖でサミットが開催されます。

サミット終了まで積極的に動きづらい状況となりますが、サミット自体からはドル安
や原油高に対する具体的な合意はされないでしょう。

各国とも目前に迫るインフレリスクのために協調的なドル防衛に合意する可能性は
低いと考えられます。

経済指標も木曜までたいした重要な発表がなく、サミットを含め水曜まではいわば
空白期間のような状況となります。


空白期間には思わぬ動きとなることが多く、注意が必要です。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日は読み通り?材料出尽くし感からドルが強く買い戻される展開となりました。

ユーロドルは1.5905で売れましたが、ドル円を105円台でロングにできなかったこ
とは失敗です。また、コモディティー価格の上昇から豪ドルが強くなっているのも
失敗です。

ただし、豪ドルはファンダメンタルズの悪化を織り込んでいないと思っていますので、
引続きポジションは持ちます。

今日は独立記念日で米国は休場で動きはなさそうです。

さて、昨日「健全なFX業者は20社」というコメントを書きましたが、これに対して「健
全な会社とそうでない会社は、初心者ではきっと見分けがつかない」とのコメントを
頂きましたので、簡単に健全業者の見分け方を記載しておきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
FX業者にはより厳しい目で接する必要がありそうです。

もう一度、自己資本規制比率、財務状況などをチェックしてお付き合いができる
業者をチェックしておく必要がありそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
米雇用統計の悪化とECBの利上げ観測が、市場心理を強くドル売り
に傾けているようです。

ただし、市場心理が一方方向に傾き過ぎると危険(儲けのチャンス)が広がります。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日発表された日銀短観は予想よりも悪い結果でなく、日経平均は18円安の
13,463.20と小幅な下落に留まりました。

ただ、短観をよく見ると先行きの不安と日本企業の99%以上を占める中小企業の
苦しい状況が見て取れます。


昨日のNYダウこそ、小幅なプラスで終了していますが、日本株の先行きは黄色で
なくすでに赤信号となっている気がしてなりません。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
日経新聞の夕刊に米国によるドル買い介入の観測?が6面に掲載されています。

記事によると

「米国の景気悪化が鮮明になるなかでECBが利上げをすれば、金利差の拡大か
らドルが下落する可能性が高い。そうなれば、ドル建ての原油価格の割安感が
強まり、米景気の先行き不透明感から株価の底が見えなくなる恐れもある。」

としています。こうした「最悪シナリオ」が現実味を帯びる中、介入の可能性が米
市場で浮上しているということです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
ユーロドルは昨日1.5836まで進みましたが、ユーロ高官からのユーロ高牽制発言
はなりをひそめています。

それもそのはず、ユーロにはインフレ懸念が強まっており、その抑制のためのユー
ロ高を容認しているというわけです。


これは、ユーロに絡む取引のチャンスと思われますが、、、
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!

| ホーム |
おすすめ取引業者
■ベスト5+α

圧倒的コストパフォーマンス!
MJ

スプ1と使いやすい取引画面!
パンタレイ

FX業者初の上場で安心感Up!
マネーパートナーズ

多彩な情報ツールが魅力!
外為どっとコム

伊藤忠グループの安心感!
FXプライム

■期待するFX業者
クリックFX
FXトレーディングシステムズ
フォーランドフォレックス
アクセスランキング
スポンサー

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上,記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また,記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。実際のお取引については、各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切責を負わないことをご承知頂きますようお願いします。
copyright トータル投資情報(心理を読んでFX・日経225で勝つ) all right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。