市場は心理戦!心理合戦を制して投資で勝つ!
FX⇔日経225先物⇔コモディティ市場をトータルに分析して「勝つ」投資を目指します。
勝つための大前提

1.表よりも裏に注目→「大局観と短期市場心理」の把握が勝利の近道!
2.ルールと規律に従う→「必ず利食い・損切り」を定める
3.コストを極力抑える→「業者の選別」は勝利への第一歩!

現在の
ポジション

日経225先物 :------@-----→利食い@------ 損切り@-----
FX(USDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(EURUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(AUDUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(ZARJPY):ロング@13.60→利食い@17.50 損切り@10.10
FX(AUDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
ETF(金)   :ロング@2900→利食い@3300 損切り@2000


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
ユーロの6月のCPIが予想を上回る前年比+4.0%となっています。

前月の3.6%、予想の+3.9%に比べてインフレリスクの増大を感じさせる結果
となりましたが、ユーロの上昇は限定的となっています。
続きを読む
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
先週末は原油価格が一時142ドル台へと進み、NYダウは11,346.51まで下落して
います。

市場は、米国のインフレリスクと景気悪化へのリスクを強めており、リスクフリー
資産(米国債など)や現金へと資金を移動させているようです。

今週もこうした動きがより一層鮮明となる可能性が高く注意が必要です。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
原油価格が再び140ドルに絡む展開となったことや米国の企業業績に対する不安
が強くなり、昨日NYダウは358.41ドル下落し11,453.42となり、今年の最安値を更
新しています。

為替もドル円は106.61まで下落、ユーロドルは1.5768まで上昇し、ドル売りに拍車
がかかっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
「政府が外国為替取引に課税する通貨取引税の導入に向けて検討を始めた」
と時事通信が報じたようです。

その後、財務省筋は否定、とロイターは報じていますが、火のない所に煙は
たたず!

こんなことが起きたらまっさきに影響が出るのは、、、
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
FOMCは2.0%の金利据置きとなりました。注目の声明文は予想通り、「経済成長
への下振れリスクは継続するが、幾分低下している。インフレの上振れリスクは高
まった」としています。

ややサプライズなのは積極的な金融引締めのスタンスを明確にしていなかったこ
とです。


こうなるとドルはやはり、売り圧力に押される可能性が高いと思われます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
先ほどドル資産からの逃避の可能性が高まるということを書きましたが、ドル円の
下落は小幅に留まり、あっても短期的に105円台、長期的に100円割れはないとい
う考えを強めています。

こうした見方に傾いているのは「ドル円は長期的に80円の円高か、300円の円安の
どちらに進のか」という古くて新しいテーマに対して、300円の可能性が強くなってき
たと判断したことです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
いよいよ本日はFOMCの政策金利発表の日となりました。

市場の大方の見方は2.0%の金利据置きとみており、その可能性は非常に高い
と思われます。

注目はFOMCの声明文となりますが、これに反応する市場心理と実態経済のアン
バランスがドルの行方を決めそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
内閣府と財務省が昨日発表した4-6月の法人企業景気予測調査は大企業
全産業でマイナス15.2と2006年の調査開始以来、最低の水準となっているよう
です。

産業の内訳をみると建設業のマイナス43.1、リース業のマイナス39.7、自動車と
その付属品がマイナス34.1
と目立っています。

あえてアンダーラインを引いた建設業と自動車産業の悪化は注目です。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
わかりにくい投資信託の分類が見直されるようです。

分類は投資信託協会が決定するようですが、今後はバランス型などのわかりに
くいものはなくなり、運用先が「国内か海外」か、「債券か株式か」に分かれるよう
です。

例えば、売れに売れている「グローバルソブリン」は新しい分類によると
「内外債券型」となるようです。

ところで、投資信託は現在全く保有していません。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
市場の心理は米国への懸念、ドルへの懸念を強めており、ユーロドルは1.56台、
ドル円は107円前半まで下落する場面もありました。

いよいよ明日からFOMCが開催されますが、その前に取引の少ないところをつい
て、マーケットが大きく動く可能性には要注意です。

特に、ユーロ円、豪ドル円の買われ過ぎは気になります。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
来週の25(水)に控えたFOMC(米連邦公開市場委員会)を前に市場は嵐の前の
静けさとなっています。

ドル円は108円、ユーロドルは1.55ドルで膠着する状況です。

はたして、FOMCで利上げをするのか?それとも据置くのか?
その後の市場を決めるだけに結果は非常に重要です。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
セブン&アイ(3382)が農業に参入するようです。

国内の食糧自給率が40%に留まるという事実を前に、個人的にも農業には関心を
持っていました。

でも、食糧自給率はなぜ、40%なのでしょうか??

色々な理由がありますが、核心は既得権保護のための「規制」だと思われます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
FXについては、最近の流れは円安です。

こちらもグローバルに広がるインフレ懸念の中、日本だけが低金利の状態で円が
売られやすい地合いとなっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
それは満月です!!
昨日は主要経済指標の発表もなく、まったりとした展開だっただけに今日から明日
にかけては大きく動く可能性にかけてみます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
最近、東京時間の市場の値動きが荒くなることが多く、何か気になります。

以前は突発的なイベントでもない限り、ドル円の値幅は30銭位でしたが、昨日は
108.28→107.61と67銭も動いています。

他にもユーロドルなどストレートは東京時間ではほとんど動かなかったものが午後
になると大きく動くことが多くなっています。
これはどういうことでしょうか??
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
「第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい 」
という本を読みました。

ひらめきによって、相場観があたれば、、、 なんて考えて読みましたが、実際は、
かなり人間の心理の裏側を説明した良書でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
日経225先物は昨日360高の14340まで上昇しています。

先物主導で円高不安が和らいだ環境にショートカバーが入ったようです。
ポジションは14070で損切りをしました。

インフレ圧力が強まる各国に比べて、日本の消費者物価は1%に満たない状況
です。インフレ圧力は当面弱そうで円金利も急騰する可能性も低いと判断します。
こうなると、ドル円の円高方向への圧力は減退することになります。

当面、日本株は堅調に推移すると判断し一旦ショートも見送りします。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
先週末のG8でドル高に各国は共通認識を与えたようですが、その流れに早くも
黄色信号が点滅しているようです。

きっかけは高値に張り付く原油、過去最高を更新したユーロの消費者物価指数、
そして米国自身の景気への不安です。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
市場で勝つためには市場心理(マーケットセンチメント)の分析が非常に重要
であるという立場をとっています。

市場は効率的で、現在の価格は多くの参加者の総意である(みんなの意見は案
外正しい)一方で、バブルの例を見ても明白なように市場はとんでもない間違いを
時々犯します。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
ユーロが正念場?を迎えています。

アイルランドがリスボン条約(ユーロの新基本条約)を否決しユーロの先行きに黄
色信号がついたとの論調が目立ちます。背景は、ドイツ、フランスといった大国主
導に対する小国の警戒感でしょうか。

この解答は過去に求めると導き出せるかもしれません。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
G8(主要8カ国(G8)財務相会合)が終了しています。
予想通り、為替に関する公式コメントはなく、ドル防衛についての協調ももう一段
踏み込んだものにはならなかったようです。
来週以降、ドルが売られる地合が形成された可能性が高まります。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
21:30 CPI
前回 3.9%
予想 3.9%(前年比)

23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数
前回 59.8
予想 59.0

今日は週末とG8前ということもあり、週初以降ドルロングにしていた向きのポジシ
ョン調整が入る可能性が高いと思います。このため、ドルロングを外す動きがNY
終盤で活発になる展開を想定します。


経済指標のタイミングもこのシナリオに合致すれば、面白展開が期待できます。

ドルのピークは21:30に発表されるCPIで、その後は徐々にドル売り、ミシガン大学
消費者信頼感指数でドカンというイメージです。

日計りでドル円ショート、ユーロドルロングをとります。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日はあまり良い日ではありませんでした。
AUDUSDは損切り、期待していた南アフリカの利上げも0.5%と小幅に留まり
ランド円もほとんど動きがありませんでした。

損失は必要経費と考えているので、あまり気にしないようにしています。

さて、今日からG7が始まります。
市場の関心は「ドルサポートのための議論がどの程度されるのか」
ということになりますが、果してどうなるのでしょうか?
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
発表は東京時間 22:00~22:30頃

現状 11.5%
予想 12.5%

市場予想は1.0%引き上げの12.5%となっています。
ただし、ムボウェニ南アフリカ中銀総裁が述べているように、インフレ懸念の強ま
りから1.0%以上の引上げの可能性も否定できません。

予想通りとしてもランド円の下落は限定的と思われますので、1.0%の引き上げ
を想定してランド円のロングを積み増します。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
米国株が下げ足を速めています。
昨日はNYダウが205.99ドル安の12083.77まで下落しました。

背景は原油高(+5.07の136.38)と金利上昇懸念です。
さすがに、と言うよりはようやく金利上昇による悪影響を市場は織り込みました。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
競泳用の水着問題がもりあがっており、個人的にも関心を持っていました。
昨日、この問題にも終止符が打たれ、日本水泳連盟は北京五輪で日本選手がミ
ズノ、デサント、アシックスの契約3社に限らず、スピード社など他社水着を着用す
ることを認めました。

この問題をみると日本社会に足りない要素が見える気がします。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日もポールソン米財務長官、フィッシャー・ダラス連銀総裁のインフレ抑圧発言、
そしてブッシュ大統領までが、「強いドルは国益。強いドルにコミットする。」と発言
しています。

これを受けてマーケットはドル買いに反応。ドル円は107.45まで上昇、ユーロドル
は1.5441まで下落し、ドル全面高となっています。

市場心理は恐怖に最も反応するため、「介入」という言葉にドル売りは引っ込んだ
感があります。


ただ、何かを忘れている気がしてなりません、、、
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
ドル円は再度106円台、ユーロドルは1.56台に進んでいます。
背景にはポールソン米財務長官の介入示唆発言があるとされていますが、

その真相はどうなのでしょうか?
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
先週末の雇用統計は非農業部門雇用者こそ、市場予想を下回るマイナス4.9万人
にとどまりましたが、失業率5.5%と驚きの結果になっています。
一方で、原油価格は急騰となっており、WTIは一日の上昇率としては過去最高とな
る+10.75ドルの138.54となっています。

今週も引き続き各国のインフレ状況と景況観を織り込む展開となりますが、まず、
米国のスタグフレーションリスクの高まりが市場心理をドル売りに導くことが見込ま
れ、ドル売りの圧力が強まる展開がメインシナリオとなります。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
先週末は米国株が暴落、ドルが売られ、原油価格が急騰しています。

こうした大きなうねりは、明らかに市場が何らかのメッセージを発っしている
サインです。


サインを的確に把握するとともに、この結果を受けて市場心理がどの様に動きか
をとられると、投資で勝つチャンスが大きくなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!

| ホーム | 次頁へ移動
おすすめ取引業者
■ベスト5+α

圧倒的コストパフォーマンス!
MJ

スプ1と使いやすい取引画面!
パンタレイ

FX業者初の上場で安心感Up!
マネーパートナーズ

多彩な情報ツールが魅力!
外為どっとコム

伊藤忠グループの安心感!
FXプライム

■期待するFX業者
クリックFX
FXトレーディングシステムズ
フォーランドフォレックス
アクセスランキング
スポンサー

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上,記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また,記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。実際のお取引については、各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切責を負わないことをご承知頂きますようお願いします。
copyright トータル投資情報(心理を読んでFX・日経225で勝つ) all right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。