市場は心理戦!心理合戦を制して投資で勝つ!
FX⇔日経225先物⇔コモディティ市場をトータルに分析して「勝つ」投資を目指します。
勝つための大前提

1.表よりも裏に注目→「大局観と短期市場心理」の把握が勝利の近道!
2.ルールと規律に従う→「必ず利食い・損切り」を定める
3.コストを極力抑える→「業者の選別」は勝利への第一歩!

現在の
ポジション

日経225先物 :------@-----→利食い@------ 損切り@-----
FX(USDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(EURUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(AUDUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(ZARJPY):ロング@13.60→利食い@17.50 損切り@10.10
FX(AUDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
ETF(金)   :ロング@2900→利食い@3300 損切り@2000


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日、「日経新聞の裏を読め」」という本を読みました。
↓↓詳細はこちら
日経新聞の裏を読め (角川SSC新書 5)

内容は、「情報力を制するものは投資を制する」といったもので、要は日経新聞を
読むことによって情報のインプットを高め、その情報を「日経テレコン」によって追
体験、追確認することにより、情報の構造化や裏読みが可能となるものです。

作者の木下氏はなかなか鋭いようで、何点か気になったことがありましたので
記載しておきます。
続きを読む
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
この辺でいままで読んだ投資の本をまとめておきたいとおもいます。マーケットに
ついての興味と方法論を得るのに大変参考になったものです。
(無駄な本も数多く読みましたが、全てブックオフ行きになってます。)

結局、マーケットは「上に行くか下に行くか」二つに一つです。
そう、マーケットは確率の世界です。理論的には確率1/2、期待値は100%です。

だったら投資をしても意味はないのでしょうか?

いえいえ、人間の欲望はときにマーケットを理論を超えた状況へ突き動かします。
バブルの発生が良い例ですよね。理論的には1/2でも、ある状況では下がる
確率が1/2(50%)を超えて51%になっているかもしれません。


このときが、投資のチャンスであると考えています。

51%を発見するには、確かな情報と人とは違うものの見方、こんたところがヒント
になると思います。そして、少しでも勝つために、必ず利食い・損切りポイントを
決めるということが重要になってくると思います。


こんな投資スタンスをとるに至った本を紹介します。
どれも、非常に参考になりました。
是非、読んでみてください!!


第1位 「マーケットの魔術師」
投資に興味がわいた本です。続編の「新マーケットの魔術師」も面白い本です。
↓↓詳細はこちら
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密 (ウィザード・ブックシリーズ)

第2位 「ゾーン」
取引をする上での心理状態の持ち方を学びました。
↓↓詳細はこちら
ゾーン — 相場心理学入門

第3位 「タートル流投資の魔術」 
資産管理の大切さと一貫性の必要性を学びました。
↓↓詳細はこちら
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

第4位 「人生と投資のパズル 」
マーケットの心理状態を学ぶのに役立ちました。
↓↓詳細はこちら
人生と投資のパズル (文春新書)

第5位 「ツキの法則」
確率論や投資における資産管理を学びました。
↓↓詳細はこちら
ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)

第6位 「ウォール街のランダム・ウォーク」
現代投資理論をおさらいするのに役立ちます。
↓↓詳細はこちら
ウォール街のランダム・ウォーク―株式投資の不滅の真理

第7位 「相場ローテーションを読んでお金を増やそう」
ファンダメンタルズと市場の関係を学ぶのに役立ちます。
↓↓詳細はこちら
相場ローテーションを読んでお金を増やそう―次の株高はいつ始まる?
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
「相場ローテーションを読んでお金を増やそう」という本を読みました。
↓↓詳細はこちら
相場ローテーションを読んでお金を増やそう―次の株高はいつ始まる?

過去のデータをやや強引に暴騰・暴落としたところが気になりましたが、
それ以外はマーケットの動きを大まかにとらえる技術を述べたかなり
の良書と言えそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!

| ホーム |
おすすめ取引業者
■ベスト5+α

圧倒的コストパフォーマンス!
MJ

スプ1と使いやすい取引画面!
パンタレイ

FX業者初の上場で安心感Up!
マネーパートナーズ

多彩な情報ツールが魅力!
外為どっとコム

伊藤忠グループの安心感!
FXプライム

■期待するFX業者
クリックFX
FXトレーディングシステムズ
フォーランドフォレックス
アクセスランキング
スポンサー

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上,記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また,記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。実際のお取引については、各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切責を負わないことをご承知頂きますようお願いします。
copyright トータル投資情報(心理を読んでFX・日経225で勝つ) all right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。