市場は心理戦!心理合戦を制して投資で勝つ!
FX⇔日経225先物⇔コモディティ市場をトータルに分析して「勝つ」投資を目指します。
勝つための大前提

1.表よりも裏に注目→「大局観と短期市場心理」の把握が勝利の近道!
2.ルールと規律に従う→「必ず利食い・損切り」を定める
3.コストを極力抑える→「業者の選別」は勝利への第一歩!

現在の
ポジション

日経225先物 :------@-----→利食い@------ 損切り@-----
FX(USDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(EURUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(AUDUSD):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
FX(ZARJPY):ロング@13.60→利食い@17.50 損切り@10.10
FX(AUDJPY):-----@----→利食い@----- 損切り@-----
ETF(金)   :ロング@2900→利食い@3300 損切り@2000


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
上海総合080707オリンピック後には経済が失速し、株価が下落すると
いう 事例が過去に何度もありますが、中国の株価は
既にこのことを織り込んでいるようです。
昨年10月の高値6124をピークとして現在2660付近
まで60%近く下落しています。
今後、順調に回復と行けばいいのですが、より下落
する可能性も高いとみています。
続きを読む
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
先週末は米国株が暴落、ドルが売られ、原油価格が急騰しています。

こうした大きなうねりは、明らかに市場が何らかのメッセージを発っしている
サインです。


サインを的確に把握するとともに、この結果を受けて市場心理がどの様に動きか
をとられると、投資で勝つチャンスが大きくなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
昨日も米国は株安、債券安、ドル安のトリプル安になってます。
市場心理は米国に対するスタグフレーションリスクを強く織り込み始めたようです。

ところで、本日、日経を読んでいたら気になる記事がありました。

夕刊の一面トップ「海運運賃 年初の2倍」という記事です。
鉄鉱石や穀物などを運ぶ「ばら積み船舶」の国際的な運賃指標である
バルチック海運指数」が1/29の安値5,615から急上昇、昨年11月の
高値(11,039)を上回り11,465まで上昇しているということです。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
明日は満月となり市場が大きく動く可能性があります。
今日から水曜日にかけては期待感をもって望めそうです。

ドル円の大局観はドル売りで変更なしです。むしろ、先週末に発表された5月の
ミシガン大学消費者信頼感指数が、1980年6月以来の低水準となっていることなど、
米国の消費減速は避けられなく、ファンダメンタルズの悪化は際立つとみられます。

短期市場心理も「インフレ懸念→金利上昇→ドル買い」から「インフレ懸念→金利
上昇→景気悪化」に軸足を移しつつあるようです。
水曜に発表されるFOMC議事録で
このことが明白になる可能性が高く、シナリオ通りだとドル売りが加速されるために
ドル円ショート、ユーロドルロングは継続します。

テクニカル的にはユーロドルに上昇期待が強まる状況です。

ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
今日の日経一面にジェイコム男さんが載っていました。
そう、みずほ証券のジェイコム株ご発注で20億円を稼いだ方です。現在の資産
は過去最高の200億円!?だそうです。びっくりですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
FX
【大局観】
 米国経済はスタグフレーション(景気後退とインフレ状態)に陥る可能性が
 高いと考えます。よって、ドルは下落。

【短期市場心理】
 「原油価格の上昇などにより、インフレリスクが強まる。この結果、FRBは
 金融 緩和から引き締め段階に突入する。」よって、ドルは上昇。

【ポジション】
 現在は、短期市場心理が強くなっており、金利市場でも米国債の利回り
 が急上昇しています。これを受けてドルの買い戻し圧力が強まっています。
 ただし、大局観が再度強まる可能性が強いと考えますので、ドルの
 ショートは継続します。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!
日経225先物
【大局観】
 米国経済はスタグフレーション(景気後退とインフレ状態)に陥る可能性が
 高いと考えます。よって、NY株は下落。これを受けて日経225も下落。

【短期市場心理】
 「サブプライムは峠を越した。景気も思ったより底堅い。
 よって、NY株は上昇し、日経225も上昇する。

【ポジション】
 現在は短期市場心理が強まっている状況と判断します。このため、大局観
 に基づきショートは継続しますがポジションは軽めにします。
ブログランキング・にほんブログ村へ                       ↑↑応援していただき、ありがとうございます!!

| ホーム |
おすすめ取引業者
■ベスト5+α

圧倒的コストパフォーマンス!
MJ

スプ1と使いやすい取引画面!
パンタレイ

FX業者初の上場で安心感Up!
マネーパートナーズ

多彩な情報ツールが魅力!
外為どっとコム

伊藤忠グループの安心感!
FXプライム

■期待するFX業者
クリックFX
FXトレーディングシステムズ
フォーランドフォレックス
アクセスランキング
スポンサー

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上,記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また,記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。実際のお取引については、各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切責を負わないことをご承知頂きますようお願いします。
copyright トータル投資情報(心理を読んでFX・日経225で勝つ) all right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。